トップページ BSSグループ 再生資源事業 プラスチック再生利用 お問い合わせ 会社案内

TKS Limited Co.Ltd

プラスチック再生利用プロジェクト
プラスチックのゴミは世界中で環境汚染(陸、海)を引き起こしています。
そして自然を破壊する事は明白な事実です。
しかしながらその再生再利用はほんのわずかな量にとどまっています。
私たちはこの点に注目し、プラスチックの再原料化、燃料化、発電の技術を基に、新しいリサイクルセンターを作る予定です。
自然に優しいプラスチックの高率利用を実現します。
In all over the world, Plastic waste is causing environmental pollution (land, sea) .
And it is surely make destruction of nature obviously.
However, only a very small amount of Plastic waste is recycled and reused.
We have taken note of this and made a plan to build a new recycling center based on Plastic's technology for re-using, fueling and power generation.
【フィリピン・プラスチック再生利用プロジェクト】

廃棄物よりの燃料回収 そして回収燃料の再利用による水の製造 
廃棄物には 一般ゴミ・感染性ゴミ・プラスティックゴミ・建設ゴミ 等々があります。
プラスティックゴミの燃料化は、洗浄、破砕の上、ボイラーにての燃焼を行うか そのまま投棄されてしまう事例
が多く 土壌海洋汚染を引き起こしてきたことは 皆様ご存知の通りです。

燃焼時の有害ガスの発生を抑え、燃料として再利用する事を優先事項と捉えプラスティック、一般ゴミの燃料化プラントをここに計画いたします。

【Project WASTE TO ENERGY AND WATER DESAKINATION】

(廃棄物から燃料生産 燃料使用の海水淡水化)
海水淡水化の過程には、Reverse Osmosis ( R.O )membrane 逆浸透膜による脱塩作業 があります。子の浸透膜のによる透過を行うためには ポンプにより圧力をかける必要があります。
ポンプの動力源は 電気か石化燃料が必要になり、その費用は高額化しています。勿論逆浸透膜の費用も大きな割合を占めています。
私どものWTE(Waste to Energy)プロジェクトはこの点を注視し 廃棄物燃料を淡水化機器に使用することを原点としました。

【Philippines plastic recycling project】

Fuel recovery from waste and production of water by reusing recovered fuel
Waste includes general waste, infectious waste, plastic waste, construction waste, and so on.
As we all know, when converting plastic waste into fuel, there are many cases in which it is washed, crushed, burned in a boiler, or discarded as it is, causing soil and ocean pollution.
We plan to reduce the generation of harmful gas during combustion and reuse it as fuel as a priority, and plan a plastic and general waste fuel conversion plant here.

【Project WASTE TO ENERGY AND WATER DESAKINATION】

(Production of fuel from waste: Desalination of seawater using fuel)
In the process of seawater desalination, there is a desalination process using a Reverse Osmosis (RO) membrane reverse osmosis membrane. It is necessary to apply pressure with a pump in order to perform permeation through the osmotic membrane of the child.
Electric power or petrochemical fuel is required for the power source of the pump, and the cost is high. Of course, the cost of reverse osmosis membranes also accounts for a large proportion.
Our WTE (Waste to Energy) project paid close attention to this point and started using waste fuel for desalination equipment.










鉄・非鉄スクラップ輸入出販売、廃プラスチック再生利用
株式会社ティーケーエス・リミテッド